• トップページ
  • 選ばれる理由
  • 特注特殊対応メニュー
  • 集塵機選定NAVI
  • サービスメニュー
  • 運営会社

特殊集塵機.com 事例 9

概要

お悩み・ニーズ 特注ニーズに対応してほしい | 省スペース化
集塵物(ワーク) 燃焼・冶金、酸
集塵方式 湿式

お問い合わせ内容

集塵機の設置スペースが限られているため、省スペース化仕様を施した特注特殊仕様の集塵機を導入したい。
ただし、集塵機の仕様は乾式ではなく、湿式のものが必要となる。湿式の集塵機で省スペース対応が可能なメーカーを探している。


↓

トラブルの概要・背景

湿式の省スペースはそもそも対応できるメーカー吸うがあまり多くはない。(湿式集塵機は、水を押しのける圧力で集塵機の仕様がほぼ決まってしまう。そのため、仕様の要求を満たしながら省スペース化を実現できる適切なノウハウをもった企業は決して多くない。)


提案内容

通常のウォーターフィルムの集塵面の形状を直線形状から丸形にした。
それにより、集塵面積はそのままに全体としての省スペース化を実現することが可能となった。



結果・補足

通常は直線形状でありこうした形状変更は混ざりが悪くなる(集塵効率が落ちる)と考えられがちである。
けれども、水と含塵空気が混ざりやすくなるように水との接触部分を特殊形状丸形形状とすることでこの問題を解決。
通常の製品と比べても省スペース化を実現させることが出来た。
※ 一般的な構造ではスペース的に設置が難しい。
防振などの対策を施し、メンテナンスも行いやすいように扉のサイズを大きくするなどの特注仕様を施した。


ご相談・お問合せはこちら